女子会ムービー

『ブリジョン』こと『ブリジット・ジョーンズの日記3』を
高校の同級生8人!と観てきました。
実は私は中国映画も好きですが
イギリスのラブコメが大好き。
イギリス人って、もともとユーモアがあるし
アメリカ映画ほどドタバタじゃなくていいですよね。
このBJシリーズもパート1から見てるし
原作も読みました。
下敷きとなった『高慢と偏見』の原作も読んでるし
テレビドラマも観ています。

でも、前作から14年も経ってるのね、と主役の2人に
改めて歳月を感じたというのが一番の感想でした。
コリン・ファースは少し前に『キングスマン』や
『ベストセラー』を観た時はそんなに年を感じなかった
けれど、ラブコメは限界かもね。
隣りで見ていた親友も
「アップのキスシーンは痛いわ」と。
2人に赤ちゃんがという設定に至っては
すでに孫もいる同級生も2人いたので
みんなで「孫だろ、孫」とコリンに突っ込みを入れて
しまいました。

レニーも整形の失敗なのか、表情がなくて
パート2までの可愛らしさが皆無なのは残念でした。
最後に死んだはずのダニエルが生きてたというオチは
パート4にひっぱるための布石なんですかね。
そのダニエルを演じるヒュー・グラントは写真だけなので
あまり変わっていませんでしたが
近日公開のメリル・ストリープの夫を演じる映画は
予告を見る限り、かなり貫禄がついてますよねえ。
東京国際のオープニング作品で、てっきりヒューも
来日したものと思い、英語通訳のSさんに
「ヒュー、劣化してた?あれは役のためのメイク?」
と聞いたら
「それが来なかったのよ」とのことで
確かめようがありませんでした。

ブリジョン3、映画はとても面白かったです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック