『推拿』

『一歩之遥』のプレミアは無事昨夜行われたようです。
12日の金曜日の夜にギリギリ検閲に通ったらしく、
それを見込んでプレミア会場もそのままにしていたので
たいした修正ではなかったのでしょうが
そのためにわざわざ北京に行った身としては非常に
悔しい。
15日に1泊で飛ぶこともチラリと考えましたが
そうすると大学を2週続けて休講にすることになるので
さすがに諦めました。

北京滞在中は2本映画を観ました。
まだプレミア延期を知らない前夜は友人たちと火鍋を
食べてから、一緒に火鍋屋から遠くない当代MOMA
に繰り出して、金馬賞六部門を受賞したばかりの
ロウ・イエの『推拿』を。
MOMAは中国唯一のアートシアターで、その独特の
雰囲気が面白く、モダンなホテルやマンション、本屋
のある小区にある映画館。アートしてます。
昔のシネヴィヴァン六本木などを彷彿とさせます。

ここの90席しかないスクリーン1の客席は私たち以外は
映画か演劇専攻の大学生かといった感じの若者たちば
かりでした。
しかも、どうも皆でまとまって鑑賞に来た様子。
大学の授業で見て来いとでも言われたのでしょうか。
おかげで中国の映画館にありがちな携帯がガンガン鳴る
こともなく、もちろん携帯電話で話す者もなく、
珍しく快適に鑑賞ができました。

でも、映画のほうは快適とは言えず、でも、いい意味でも
悪い意味でも心を揺さぶられるものでした。
ひと言で言えば、盲人たちの愛と性というテーマで
盲人按摩治療院の治療師たちの群像劇です。
郭小冬、秦昊、黄軒といった過去のロウ・イエ作品の主役
を務めたイケメンたちが盲人の役で勢ぞろい。
女優は梅婷が出ていました。「美人なのに盲目とは惜しい」
と何度も言われる役。こういうのに出るの、珍しいな。
ロウ・イエと何かあるのかな、とつい勘ぐりたくなってしまう。

見終わった後、友人たちと「あんなイケメン揃いの按摩店が
あったら通うわよねえ」と大笑い。
ただ、郭小冬はずっと目をつぶっているし、
秦昊はテープでまぶたを吊っているというか
つぶしているのか
初めはちょっと彼とは気づかなかった変貌ぶり。
秦昊ファンには微妙かもしれませんね、この映画。
郭小冬は濡れ場担当で『天安門、恋人たち』並みの(ちょっと
大げさかも)ベッドシーンを、素人かと思われる山田花子似の
女性按摩師と繰り広げます。
この相手の女性、私は本当に盲人の人だと思うのですが
これが女優で演技なのだとしたら、すごい演技力です。
でも、素人が郭小冬とあんな濡れ場を?とも思うし。

そして、今年大注目の黄軒はその山田花子に横恋慕する
若い治療師で、彼の演技がまたもや抜群でした。
狂気すら感じさせる入魂の演技。彼だけが目は普通に開いて
いるので余慶に凄みを感じさせます。ちょっと寄り目と指摘した
友人も。
この映画は群像劇だけど、やっはり主役は彼よねえ、と
見終わって、全員の意見が一致しました。
すごい若手が出てきたものです。

彼らが勢ぞろいして明るく笑っているポスターから、
盲人の「励志」映画なのかと思ったら、とんでもない。
そこはロウ・イエらしく、相変わらずトーンも暗くて、
結構スプラッターなシーンもあり、
翌日一緒に観た友人のCをホテル近くの按摩店に行こうと
誘ったら、スプラッターになりそうだからイヤと断られました。

俳優たちは熱演だし、撮影も非常に凝っているのだけど
金馬賞六部門も取るほどか?
とその夜は思ったのですが、
翌日の朝、『太平輪』を見て、『推拿』はなかなかよかった
と思うように。
それほど、『太平輪』の前篇にはがっかりでした。
その話は次回。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

titichan
2014年12月16日 10:59
郭晓冬さんとの濡れ場を演じていらっしゃる女性は、盲人の方です。日本では、これからやっと『浮城谜事』が公開されます。中国では『推拿』が公開中なのに。。。『推拿』はもう少し早いタイミングで日本公開してくれるといいなと思います。
マダム・チャン
2014年12月18日 16:32
彼女、金馬賞の新人俳優賞を受賞してるんですね!
ほんとうに目の見えない人だとは思いましたが、
素人とは思えない堂々たる演技でした。
彼女が素人だからエロかったと友人も言ってた
けど、私も『頤和園』の郝蕾とのベッドシーンよ
りエロスがあったと思います。いやあ、驚きです。
まあ。仕方ないんですよ。字幕をつけたり、上映
してくれる劇場を見つけたり(これが昨今は特に
大変。忠告映画、当たらないから)に時間がかか
ってしまうんです。

この記事へのトラックバック