マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 演員的誕生

<<   作成日時 : 2018/07/10 08:22   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ここ数年、中国の娯楽番組が面白い。
素人参加型も面白かったが、スターがなりふり構わず体力勝負に挑戦する番組、
歌唱力で勝負する番組ときて、ついに登場した本業の演技で勝負するというのが、
この「演員的誕生」だ。

総合司会が張国立、三人の審査員はこういう番組ではおなじみの
コメディの女王宋丹丹、そして演劇の殿堂中央戯劇学院での同級生同士、
章子怡(チャン・ツィイー)と劉Y(リュウ・イエ)だ。

挑戦する役者は新人からベテランまでいろいろ。
私が知らない役者も多く、それぞれが上手いので中国の俳優の層の厚さを
思い知る。
最初は2人の挑戦者の一騎打ち、勝ち残った方がなんと審査員とスキットをやり、
それを観客と専門家(演技指導の先生やドラマのプロデューサーや監督など)が
勝ち負けを評定するという、かなりシビアな番組だ。
日本の俳優(と言われる人たち)はできないだろうなあ。

『唐山大地震』の徐帆と張静初の生き別れていた母と娘の再会シーンを挑戦者
2人がやった時は、宋丹丹が映画はさらりとやったのに、何しろ演技を競うので
涙涙の愛憎シーンを延々とやったのに対し、私はちっとも泣けなかったと批判し
たのがすごかった。演技とは何かを審査員も含めて追及する番組だ。
この回はゲストとして弟役でTFboysの王俊凱が特別出演。彼は今、北京電影学院
の1年生なのだそう。なるほど、『小離別』にゲスト出演した時も3人の中で一番台詞
と出番が多かったわけだ。アイドルから演技派を目指しているのね。

何の回だったか、挑戦者の演技をめぐって章子怡と劉Yの意見が対立、
2人の口論に発展し、司会の張国立も収拾がつかなくて困った顔をしていたら
それも演技でした、というオチで、面白いったらない。
『蒼穹の昴』の主役の梁文秀を演じた周一囲も、挑戦者として登場、
章子怡に是非共演したいわと言わせていた。

若い女優さん2人の流行の宮廷劇、妃と宮女の女の闘いも見ごたえがあった。
勝った方の宮女役の舒暢って、細くて小さくて決してすごい美人でもないが
凄味のある演技のできる女優で今後が期待できる。

浙江衛星TVで11回まで放映され、ものすごい人気というのもむべなるかな。
YOUTUBEでも見られます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
演員的誕生 マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる