サイマルアカデミー夏季集中プログラム

今年も築地のサイマルアカデミーで中国語字幕翻訳の 集中プログラムを担当します。 去年までは8月の毎週土曜でしたが 今年は8月30日から9月20日までの 日曜日の午後4回に分けて行います。 使用する作品はパン・ホーチョン監督の 「撒娇女人最好命」です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6/6字幕翻訳クラス見学会のお知らせ

アイケーブリッジ外語学院で私が担当している 中国語・字幕翻訳の基礎クラスが7月に新規開講します。 字幕翻訳を経験したことのない方が対象です。 開講に先立ち、見学会が実施されます。 現在開講中の養成クラスを見学していただき、 その後レベルチェックテストと説明会が行われます。 映像の字幕翻訳に関心のある方、是非お越しくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「EXIT」(廻光奏鳴曲)

去年の金馬賞で「妻への旅路」のコン・リーと争って 台湾女優の陳湘琪が見事主演女優賞を獲得した作品。 その時から見たいと思っていたのだが シネマート六本木の台湾映画特集で見ることができた。 陳湘琪は私の中では何と言っても エドワード・ヤンの「独立時代」でのヒロイン役が忘れがたい。 かわいらしい外見のせいで恋人からも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『妻への家路』トーク・ショーします

おかげさまで『妻への家路』がヒットしているそうです。 中国映画の不振が続いていたので 『薄氷の殺人』とこの作品のスマッシュ・ヒットは うれしい限りです。 今後の配給につながりますから。 これから地方での公開も始まります。 千葉県の柏市にキネマ旬報シアターがあるのですが ゴールデンウィークに2週間にわたって上映されま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

趙薇第二の徐楓に

中国一のリッチという馬雲が率いるアリババが映画業界に 進出というのは去年のニュース。 今年の初め、趙薇がそのアリババの映画会社の二番目の 大株主になったというニューズが駆け巡った。 趙薇とその夫の黄有龍が阿里影業の9.18%の株を19.3億元で 年末に購入したらしい。 馬雲と趙薇はもともと仲が良く、馬雲のさまさ゜まな社交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の鶯

ずっと観たいと思っていた1943年の満映と東宝が製作した 満映最後の作品『私の鶯』のVHSを手に入れた。 日中戦争も終りに近い満州で、当時の金額にして約40万円 (現在の価格で約8億円とか)の製作費をかけて作られ、 製作にも16カ月をかけたという破格の規模の大作である にもかかわらず、 1944年の3月に出来上がった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『撒嬌女人最好命』

春節で中国のクライアントからの仕事がなく暇だったので ネットで観たパン・ホーチョン監督のラブコメ。 中国では11月下旬から、台湾では1月30日からの公開なのに もうネットで観られるというすごさ。 あまり期待しないで観たけど、予想外に面白かったのは 香港の監督が、大陸の主演2人と台湾の助演2人と 最近大陸で人気の流暢に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

字幕翻訳クラス見学会のお知らせ

アイケーブリッジ外語学院で私が担当している 中国語・字幕翻訳のクラスが4月に新規開講します。 開講に先立ち、説明会を兼ねた開講中クラスの見学会が実施されます。 パソコンで字幕翻訳ソフトを使用しながら講義します。 映像の字幕翻訳に関心のある方、是非お越しください。 ・日時:3月14日(土)10時~12時 ・内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馮小剛がテレビ娯楽番組の映画化に物申す

2月5日に公開された『奔跑吧兄弟』に 馮小剛が苦言を呈している。 『奔跑吧兄弟』は元々は韓国の人気番組 『Running Man』を真似て東方電視台が製作したテレビ のバラエティ番組。 昨年の10月から今年1月にかけて15回にわたって放映し、 大人気を博した。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『微愛』

正月映画のラストを飾るのは『智取威虎山』と共に クリスマス・イブに公開された『微愛』。 今年正月映画を撮らなかった馮小剛に代わり、華誼兄弟 が贈る正月映画の監督はなんと顧長衛。 『孔雀』『立春』など地味ながら珠玉のような文芸作品を撮り、 中国オールスター総出演とはいえ、エイズ村を描いた閻連科 の小説を映画化した『最愛』に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『親愛的』

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 つい最近も微博で4才の男の子が連れ去られたという ツイートを趙薇がリツイートしていました。 その趙薇が子どもを誘拐した夫を持つ農村の妻を演じて いるのが、ピーター・チャンの『親愛的』です。 タイトルの「親愛的」は「いとしい人」という意味ですが 文字通り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『一歩之遥』

プレミアが見事に延期になり、観ることが叶わなかったため、 クリスマスイブに北京に飛び、空港から映画館に直行し、 『一歩之遥』を観てきた。 ストーリーは1920年に閻瑞生という遊び人が遊ぶ金に窮して 付き合っていた高級娼婦の人気コンテスト優勝者である王蓮英を ドライブに誘い出し、人気のない郊外で殺害、 彼女が身につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『智取威虎山3D』

9日に北京から戻ったばかりなのに 15日に鳴り物入りで行われた『一歩之遥』のプレミアの悪評と 翌16日にひっそりと行われたツイ・ハークの『智取威虎山3D』の好評に、 矢も盾もたまららなくなり、仕事の間隙を縫ってクリスマスイブに1泊で 再び北京に行ってきました。 『一歩之遥』については整理しないと書けないので まずは2日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『太平輪』前篇

『太平輪』は『レッドクリフ』と同じで前後編に分けての公開です。 そして、赤壁の戦いが『レッドクリフ』では後篇で描かれるように 中国のタイタニックと言われる太平輪という名の汽船の沈没が 描かれるのも後篇。 前篇はその太平輪に乗り合わせるのだろう人々のエピソード という点も同じです。 なぜこんな気を持たせる描き方をするのか そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『推拿』

『一歩之遥』のプレミアは無事昨夜行われたようです。 12日の金曜日の夜にギリギリ検閲に通ったらしく、 それを見込んでプレミア会場もそのままにしていたので たいした修正ではなかったのでしょうが そのためにわざわざ北京に行った身としては非常に 悔しい。 15日に1泊で飛ぶこともチラリと考えましたが そうすると大学を2週続けて休…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『一歩之遥』のプレミア

12月8日の夜に北京で行われる『一歩之遥』のプレミア のために6日から北京に行ってきたのですが、 ご存知のかたも多いかもしれませんが、延期になって しまいました。 7日夜に麦子店の火鍋店で女子会をし、当代MOMAで ロウ・イエの『推拿』を見て、11時すぎにホテルに戻ったら、 『一歩之遥』に出演し、8日はレッド・カーペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高倉型と三国型

一昨日、テレビで亡くなった高倉健の追悼のため 『幸せの黄色いハンカチ』を放映していた。 新ためて見直してみて、この映画の原作ってピート・ハミル なのかあと驚くとともに、 映画として面白いのは武田鉄矢と桃井かおりが出ているからで 高倉健は確かに50代とは思えないほどかっこいいけれど 演技は木偶の坊だよなあと思った。 山田洋次…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

触不可及

数々のドラマをヒットさせた趙宝剛の初映画監督作。 でも、私が見る気になったのは、グイ・ルンメイちゃん と孫紅雷が恋人役を演じるという意外性のせいです。 いやあ、楽しみました。 ドラマよりも演技よりも、孫紅雷のダンスがこの映画 の何よりの見どころだと思います。 劇団四季にもいたことがあり、中国初のミュージカル 『美女と野…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『心花路放』

今年の国慶節期間中に公開された寧浩の大ヒット作。 監督が寧浩で、主演が黄渤、徐崢という『クレイジー・ストーン』 の鉄三角、今回は脚本に同作品で間抜け強盗三人組を演じて いた岳小軍も加わっている。 黄渤、徐崢のコンビは一昨年の『泰囧』で12億元の大ヒットを 飛ばした最強のふたりでもある。 ヒットしないわけがないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字幕翻訳クラス見学会のお知らせ

字幕翻訳クラスで見学会を実施します 2015年1~3月「中国語・字幕翻訳プログラム‘基礎クラス’」開講に先立ち、授業の見学会を12月13日(土)に実施することになりました。 http://www.ikbridge.co.jp/chinese/jimakudemo.html (虎ノ門、アイケーブリッジ外語学院に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more