一句頂一万句

実は12月は河南に行っていました。
用があり、北京に出かけたので、いつも会ってる作家の
劉震雲に連絡したら、河南で映画を撮っていると言います。
いま翻訳中の彼の小説『我不是潘金蓮』を馮小剛が12月に
范冰冰主演で撮るというのは聞いていたので、
てっきりそれかと思えば、
なんともう1つ別の彼の小説を彼の娘さんが撮っていると
いうではありませんか。
それは撮影を見に行かねばと北京西駅から高鉄で行って
きたのです。
画像


年末にクランクアップして解禁になったので映画のことを詳しく話すと
娘さんの劉雨霖は北京伝媒大学(かつての広播学院です)を卒業後、
ニューヨーク大学の大学院で映画を専攻、
去年『門神』という作品でアカデミー賞の短篇作品賞を受賞しています。
画像


その彼女が大学院の卒業制作映画として選んだのが、
お父さんが中国最高の長編小説賞茅盾奨を受賞した『一句頂一万句』です。
なんだか、すごいなあ。
長篇第一作に父親の作品を選んだこともすごいし、
そもそも映画化するにはかなり難度の高い作品だとも思うからです。
父親がクランクインからずっと河南の撮影現場でつききっきりになっているはずです。

この父娘、本当に仲がいいのです。
数年前も劉さんの車で送ってもらっている時に娘さんから電話がかかって
きたことがあり、その時の口調がとても優しいのに微笑ましく思ったことが
ありましたが、
今回も現場で劉震雲が劉雨霖のことを「監督」と呼び、
劉雨霖が父親のことを「劉老師」と呼んでいるのが本当に微笑ましかった。
撮影の合間もこんな感じです。
画像



劉震雲の小説はそのほとんどが故郷の河南と関連がありますが
劉雨霖の短篇映画『門神』も河南の農村の女の子を主人公にした
話なのだそう。
河南で生まれ育った劉震雲は分かりますが、北京で生まれ育った
劉雨霖の河南への思い入れは家庭の教育を感じずにはいられません。
ふつう大都会で育った若い女の子なら、田舎の農村になんか興味を持たないと思うからです。
毎年父親の田舎に帰っていたから、とは言うけれど、やっぱり父親の薫陶でしょうね。
画像



ところで、この『一句頂一万句』はドラマ化もされていて
ちょうど今回、北京と河南にいる時に放映が始まったので、毎晩見ていたのですが
映画版と原作とはタイトルが同じだけれど
ドラマ版はタイトルを『為了一句話』と言います。
小説は同じ河南の延津を舞台としていますが
前半と後半で時代背景が違い、
100年前の話が「出延津記」、現在の話が「回延津記」で、
ドラマは「出延津記」、映画は「回延津記」からの脚色になっています。
実はこの小説の翻訳も頼まれていて、実際に取りかかるのは
今年の夏休みになるかと思います。
その頃には映画も出来ているかもしれません。楽しみです。







"一句頂一万句" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント