華麗上班族

画像

今年のフィルメックス、らしくない作品の上映とゲストが多いですね。
ピーター・チャンなんておよそフィルメックスらしくないんですが
ビターズエンドが『親愛的』を配給するからなんですね。
そして,シルビア・チャンが審査員なので、彼女の監督作『念念』
と舞台版脚本主演、映画化でも脚本主演の『華麗上班族』まで。
というわけで、珍しくフィルメックスに行く気になったので
観てきました。
まずはジョニー・トー監督のオフィス・ミュージカル『華麗上班族』
です。

9月に公開された中国での売りはジョニー・トー、シルビア・チャン、
チョウ・ユンファ、そして音楽は羅大佑というのが1989年の
ヒット作『阿郎的故事』以来のタグというものでした。
でも、大陸ではオオコケ。6日間で5000万元にも行かなかったらしい。
製作費は1億元なのに。

結論から言うとオオコケもむべなるかな、という感じでしたね。
まず音楽。羅大佑の曲が精彩を欠いていました。
どの曲調も似ていて、映画を観終わって頭に残るメロディが1つもない。
すべての曲は最後のワルツのダンスシーンのためにある、
という評論を読みましたが、
うーん、無理があるのではないかなあ。

どの曲もせかせかと似たような騒々しい曲ばかりで
それはたぶん、リーマンショックに揺れる世界の経済危機を
象徴させているのだろうけれど、心を揺さぶられるメロディーの
ないミュージカルって、舞台がオフィスとはいえ、もう少し何とか
ならないものでしょうか。
ミュージカル映画(歌舞片)というけれど、踊りは最後の会社のパーティーでの
ワルツだけだし。

ウィリアム・チャンがセットで地下鉄の駅からそのまま乗り入れられる71階建て
オフィスビルをスタジオに再現したというのは、大胆な試みだとは思うし、
建物の内部の壁という壁が透明なのも舞台感があふれていたけれど
だったら映画化する意味は?とも思います。
唯一意味があったと思うのは(たぶん舞台の演出がそうだったのだろうけど)
将来への希望にあふれる新人社員が自分の部屋でシャツにアイロンかけたり
靴を磨いたりして歌う背後をマンションの年寄の掃除夫が背中を丸めてゴミを
運ぶのが透けて見えるシーン。これは痛烈な人生への皮肉を感じさせました。

おそらくミュージカルにするにはあまりに辛辣なテーマなのだと思う。
チョウ・ユンファ演じる経営者とシルビア・チャンのCEOの不倫も
副社長のイーソン・チャンとシルビア、経理担当の湯唯との関係も
あまりに功利絡みだし、
新人社員同士の好意から始まる恋らしきものも純粋にうっとりとするような
関係では決してない。酔えないんです。
まあ甘いミュージカルなら、ジョニー・トーが監督する意味は
まるでないんですが。

シルビアとイーソンの歌はさすがですが
一番見せ場の多いイーソンの演技もなかなかだと思うのですが
見た目的に主役をはるタイプじゃないと思ってしまうのもまた事実。
一方のチョウ・ユンファは特別出演なのか、出番が少ないし、
そしてあまりに痩せすぎでアップになるとシワシワで見るのが
つらいものがありました。

シルビアも御年62歳ですが、彼女はああいあビジネスウーマンっぽい
ファッションと化粧をするとよけい老いが目立ってしまう。
普段はもっとカジュアルでステキなだけに、役柄のせいでと思ってしまう。
演技も歌も存在感漂わせすぎだったし。
湯唯はうまいです。
まとめ髪でメガネで、ずっとオールドミスっぽい雰囲気にしていただけに
イーソンとシルビアのキスを見た時の髪をおろした表情に凄みがありました。
でも、歌は歌手じゃないんだから、あたりまえだけどふつうすぎ。

得意なギャングものを撮っていれば安定のジョニー・トーが果敢に新ジャンルに
挑戦したことは評価できるし、
おそらく彼なりの香港社会への挽歌がこめられているのだろうけど
(かつてミュージカルを得意とした香港映画への挽歌でもあるのでしょう)
映画としてうっとりと酔えるものがまるで皆無だったのはとても残念でした。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

Grumbach
2015年11月27日 12:02
こちらでオオコケと拝見していたので観るのを楽しみ(?)にしていました。
イーソンは歌と演技のできる人とのことでキャスティングようでしたが、だったら張学友さんでもよかったんじゃ?と個人的に思ってました。
内容としては一回観ればいいかなと思える作品でしたがジョニー・トー作品に昔ちょこちょこ出ていたおなじみの演員の方が出ていてそこはちょっと感激でした。
海潤と仕事をするようになってからはそういったおなじみさんでなく銀河海潤演芸の演員ばかり使うようになってしまっていたので。
ウォレス・チョンとか使ってればもうちょっと稼げたのかもしれませんがなんでかこれには出てませんでしたね。
マダム・チャン
2015年11月28日 07:28
お色気役の女優さんは面白かった。
あと、洪金宝の息子の洪天明が出てましたね。
張学友だとあのキャラの性格が合わないと
思ったのではないでしょうか?

この記事へのトラックバック