「EXIT」(廻光奏鳴曲)

画像


去年の金馬賞で「妻への旅路」のコン・リーと争って
台湾女優の陳湘琪が見事主演女優賞を獲得した作品。
その時から見たいと思っていたのだが
シネマート六本木の台湾映画特集で見ることができた。

陳湘琪は私の中では何と言っても
エドワード・ヤンの「独立時代」でのヒロイン役が忘れがたい。
かわいらしい外見のせいで恋人からも同性の友人からも誤解
される、実は芯の強い女性の役がとてもよかった。
その後、蔡明亮の映画にも出ていて、字幕を翻訳した「西瓜」の
役でも本人も「独立時代」のヒロイン役とかぶる芯の強さのある
人らしいとは感じていた。

最近では鐘孟宏の「失魂」で弟に殺されてしまう姉の役で出ていたが
すぐに殺されてしまって、生きている時の様子がほとんど出てこなかった
のが残念だった。
その分、この作品ではたっぷりと1人芝居を見せてくれる。
45歳の、早々と更年期が来てしまった女性の役で。

陳湘琪演じる玲子は高雄の日本でいえば都営住宅のような
うらぶれた集合住宅に住み、
夫は上海で長いこと働いているらしいのだが、携帯はいつもつながらず
中国で大陸女性と家庭を持っているのかもしれないなと思わせる。
娘は大学に入ったのか、家を出て台北に行き、
週末に高雄に戻っても、家には寄りつかない。

洋服製造工場で働いていたのだが、工場の海外移転のため
働き口も失ってしまう。
職場の同年代の元同僚ぐらいしか話し相手はいないのだが、
その彼女も社交ダンスと不倫に忙しく、
ダンス用の服を縫う仕事を回してもらうぐらいしか交流はない。
結局、毎日行くのは夫の母が入院している病院ぐらいという
寂しい女性だ。

うまいなあ、と思ったのはこの女性の若いころはさぞや可憐だったろう
という容姿(45歳のいまでもちゃんとすればと思うのに、安っぽい
服にペタンコ靴を引きずるように歩いている)を象徴するかのような
花のモチーフだ。

冒頭の窓の鉄枠にも鉄の花の飾り、ガラスのコップも花の模様、
着古したネグリジェも職場に着ていくパイルのシャツも花模様、
色あせて、はがれてきてた箇所をテープで止める家の壁紙も
どうも小花模様っぽい。
閉鎖した工場がくれたミシンで自分のために縫うのも年齢に
あまりふさわしくない乙女チックな花模様のワンピースだ。
ただ、この花は少し冒険しようと思って作ったせいか、
小花模様ではなく、大輪の花模様だったりする。

しおれた花のような彼女が生気を取り戻すのは、
義母と同室の、大怪我をして目も眼帯でふさがれた、自分より少し
若い中年男性患者との無言のふれあいから。
介護する家族も見舞客もなく、雇われ付き添い人のいい加減さに見かねて、
汗を拭いてやり、水を飲ませてやったことがきっかけで、
人がいない隙を見ては男の体を拭いてやり始める。

画像

ついに男は彼女の手を求め、握りしめるようになる。
初めはとまどっていた玲子も強く握り返すように。
だが、やがて男の眼帯がとれると今までのようには近づけなくなり、
そうとは知らぬ男は看護婦の手を求めて怒られ、
ベッドのフレームに何度も何度も手をぶつけて彼女を求める。

とうとう深夜に病室に戻った玲子は寝ていた男の胸をはだけさせて、
体を拭いてやると男も目を覚ます。
翌朝家に帰り、長いこと立てつけが悪く開きづらくなくなっていた
家の玄関のドアを女性は体ごと体当たりして無理やり開けると
ドアの外に崩れるようにしゃがみこむ。

象徴的なシーンが多すぎるきらいはあるけれど、
登場人物も少なくセリフも少ない芝居を最後まで飽きさせずに
観客をひきつけるのはすごい。

最後に彼女が立てつけの悪いドアを開けようとするのは
ゴミ出しに行かなくてはならないからなのだが、
その時に遠くから聴こえてくるのが「乙女の祈り」というのも秀逸だなと思っていたら、
これって台湾のゴミ収集車が鳴らす音楽なのだそうだ。

更年期女性の乙女の祈りを撮ったのは男性の監督銭翔で
これが初監督だが、長年カメラマンを務めていたとか。
「藍色夏恋」のカメラも彼と知って納得。
それにしても台湾の男性監督って、なんてこうセンシティブなのだろう。

だいたい更年期の女性をヒロインにする映画なんて
大陸の男の監督は撮らないからなと思ったら、
呂麗萍主演の「玩酷青春」があった。
でもこれはパルクールをする息子も主役で、中年女性にだけスポットを
当てた作品ではない。
ただ金馬賞はこれでも呂麗萍を主演女優賞に選んだのだった。

まだシネマート六本木であと数日上映されるので
興味を持たれた方は是非。
台湾映画もたまにこういう秀作があるので侮れない。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

mingmei
2015年05月12日 13:10
地味な映画ですけど主人公と年齢が近いこともあり、楽しく観ました。確かに花柄だらけでしたね。
映画「念念」の中にも「乙女の祈り」が意味もなく3回ぐらい流れるんですけどw台湾オリジナルだから?
マダム・チャン
2015年05月14日 19:59
「念念」にもですか。やはりゴミ収集車でしょうか。

この記事へのトラックバック