『智取威虎山3D』

9日に北京から戻ったばかりなのに
15日に鳴り物入りで行われた『一歩之遥』のプレミアの悪評と
翌16日にひっそりと行われたツイ・ハークの『智取威虎山3D』の好評に、
矢も盾もたまららなくなり、仕事の間隙を縫ってクリスマスイブに1泊で
再び北京に行ってきました。

『一歩之遥』については整理しないと書けないので
まずは2日目の午前中に見た『智取威虎山3D』から。

なぜ、いちいち「3D」とつけるかというと、
1960年に八一映画制作所で撮られた『林海雪原(智取威虎山)』
という映画があり、
それを元にした革命京劇が文革中に様板戯として舞台化され
さらに1970年には革命京劇をそのまま映画にした『智取威虎山』
が、すでに撮られているからです。
京劇版が下の写真。

画像



この『林海雪原』の再々映画化の話は結構前から聞いていて、
誰が監督するのかと思っていたら
なんとツイ・ハークだと聞いて、
香港の監督が人民解放軍の英雄を描いた革命京劇を?と驚きました。
(革命京劇は張元も『江姐』を映画化しています。これも実は『烈火中的青春』
という映画を革命京劇化したものを再映画化。残念ながら、まだ見る機会には
恵ませていません)

物語は国共内戦初期の東北は牡丹江あたりの山中での
人民解放軍と土匪との戦いを描いたもので
実際にあったとされる戦いをもとに曲波という
人が50年代に書いた小説『林海雪原』が原作。
主人公の人民解放軍の偵察兵楊子栄は1947年に戦死しています。

崔三爺という土匪の棟梁は国民党と結託し、敗走した日本軍の武器庫を
乗っ取り、威虎山に君臨、村々を襲っては殺人や略奪、
共産党軍への襲撃を繰り返しています。
そこで楊子栄は別の土匪の一派の生き残りを装い
単身この崔三爺のアジトに潜入し、
近くの村で待機する人民解放軍の小隊30名と、
外と内からこの崔三爺率いる荒くれ者たちの根拠地を壊滅することに
見事成功します。
この話を換骨奪胎したのが『プロジェクトA』だと友人は言うのですが
見ていないので不明。

主役の楊子栄を演じるのは『戦場のレクイエム』の張涵予。
林更新、陳暁など、ドラマで活躍中の若手イケメンたちが
小隊の隊員たちを演じています。
禿頭に鷲鼻の恐ろしげな形相の悪役の崔三爺は、すごく上手いけど、
誰かなあ、見覚えのない役者だなあ、と大陸の俳優ばかりを頭の中で
探していたら、なんと、レオン・カーファイでした。
ああ、『ラ・マン』は遠い昔になりにけり。
女優は村から連れ去られ、崔三爺の女にさせられているのが余男、
衛生兵に佟麗娅の2人だけという完全な男芝居。

画像


映画はとにかく人民解放軍がやたらとかっこよく描かれます。
たった30人で300人を撃退するシーン、山スキーで敵地に乗り込む
シーン、楊子栄と虎との一対一の対決など、惚れ惚れするほど。
同じ国共内戦でも、『太平輪』ではジョン・ウーが国民党軍をかっこよく
描いてたことは前回書きましたが、
ツイ・ハークが人民解放軍をここまで億面もなく賛美して描くとは驚きです。
もちろん、この題材を選んだ以上、そう描くのは当然なのですが
どうも、ツイ・ハークにはそのへんに何の葛藤もない感じがします。
大陸化されつつあることに忸怩たる思いを抱えていることが作品からも
うかがえるような他の香港の監督たちと違って、
しれっとこんな映画を撮れちゃうのは、やはり変わり者のツイ・ハーク
ならではなのかも(中国でも彼は徐老怪と呼ばれています)
香港監督の中で最も大陸に溶け込んで製作しているのが、
ベトナム華僑のツイ・ハークとタイ華僑のピーター・チャンというのも
なかなか興味深いです。

『セブン・ソード』以降のツイ・ハーク作品って、どうなの?と
思っていた私も、今回はその面白さに脱帽、
個人的には『刀馬旦』と並ぶ、お気に入りツイ・ハーク作品になりました。
入れ子型の物語の前後には韓庚が演じる現代の若者も出て来て、
お正月気分もきちんと盛り込んでいます。
今年のお正月映画はこの作品が独走しそうな予感がします。

イブの夜に家に泊めてもらった山東大学での教え子夫婦と
観に行ったのですが、
山東から60代のご両親が孫の面倒を見るために来ていて、
楊子栄は山東出身でもあることだし、
「一緒に観に行きましょうよ」と誘ったところ、
「何十回も見て、台詞も暗記している」と、まったく興味のわかない様子。
文革時代に他に見るものもなく、イヤになるほど観たんだろうなあ
とおかしくなりました。
日本でも私より少し年上の中文専攻の人は
大学の文化祭でこの芝居を中国語劇として演じたそうです。
いろんな意味で60年代70年代の中国を象徴する作品を見事に再生させた
手腕と技術はたいしたものと言えます。

















この






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック