触不可及

数々のドラマをヒットさせた趙宝剛の初映画監督作。
でも、私が見る気になったのは、グイ・ルンメイちゃん
と孫紅雷が恋人役を演じるという意外性のせいです。

いやあ、楽しみました。
ドラマよりも演技よりも、孫紅雷のダンスがこの映画
の何よりの見どころだと思います。
劇団四季にもいたことがあり、中国初のミュージカル
『美女と野獣』にも出ていたのは知っていたし、
トーク番組でも「中戯にはダンスで受かった」と言ってたのを
見たこともあったけど、舞踊教師役のグイ・ルンメイちゃん
とのタンゴがお見事でした。

踊りのシーンが何度も出てくるし、国民党将校に潜伏する
共産党員の彼が任務中にも思わず足がステップを踏んで
しまうシーンには大笑い。
そのせいか、スパイ物としてのスリルとサスぺンスは
ちょっと物足りないんだけど、ダンス映画としてみれば
なかなかの出来なのでは?

グイ・ルンメイちゃん、『薄氷の殺人』(という邦題になった
そうです、『白日焔火』)といい、この作品といい、
大陸映画のヒロインづいてますねえ。
人気の秘密は若手大陸女優にはない清純な美しさに違いない。
この映画でもそれが遺憾なく発揮されていて
初めて見る旗袍姿も決まっていました。
崇拝しているという姜文の作品にいつか出て欲しいものです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

aki
2014年11月25日 08:27
孫紅雷は、コン・リーとの「たまゆらの女」の作品でとても好きになりました。あの中のコン・リーも彼女らしかったです。
マダム・チャン
2014年11月25日 14:40
私も『初恋のきた道』のあの冴えない息子が!
と『たまゆらの女』で驚きました。コン・リ
ーもきれいだった。あの作品で2人は出来ち
ゃったというのも納得でしたね。

この記事へのトラックバック