マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浮城謎事

<<   作成日時 : 2013/05/20 08:09   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

ロウ・イエの『ふたりの人魚』を慶應で見せて
作品と監督について語るには最近の作品も
見なくてはと思い、『花』と『浮城謎事』と最新
作を立て続けに見てみた。
実は『天安門、恋人たち』に失望してからは、
ロウ・イエ作品は見ていなかった。

結論から言うと、『天安門、恋人たち』で5年の
監督禁止令を受けてから初めて検閲を通した
この作品は最後まで見続けさせる映画ではあ
った。
(全篇フランスで撮った『花』は最後まで見続け
るのが苦痛でギブアップ)
交通事故で人を殺してもマンションと現金を払
うことで片づける富ニ代の姿など、現在の社会
背景もそれなりに描いている。

(ここからは完全ネタバレなので未見の方は
注意)
実はその交通事故死は夫の浮気を知った妻が
相手の女子大生を尾行して石で殴り、さらに妻
を尾行した夫の愛人が浮気相手を崖から突き落
として、崖下の道路に横たわっていたのをたまた
ま猛スピードの脇見運転をしていた金持ちのどら
息子がはねてしまったのだったという事実が結末
近くに明かされる。
さらに、その女子大生と夫の浮気は、愛人が先に
気づき、妻が目撃するようにわざと仕組んだもの
だったことも。


でも、私にはどうしても秦昊演じる主役の夫が
妻と愛人の子を同じ幼稚園に入れる理由が分
からない。
愛人がそう望んだという台詞はあったけれど、
そんなこと絶対にさせないのが普通じゃない
のか。二重生活を維持したいのなら。
さらに浮気相手の女子大生と路上で濃厚なキ
スをし、抱き合っているところを妻に見られると
いうのも納得できない。
夫がよほどの破滅型なのかと思えば、そうで
もないのだ。

夫婦と愛人のこのドロドロのドラマが映画のも
う1つのプロットであるサスペンスを描くための
道具立てでしかないので、
どうにもそのへんが説得力に欠けるのである。
謎が解かれて行くミステリーも日本の火曜サス
ペンス劇場並みで意外性はないし。

ロウ・イエ映画は雰囲気はとてもあるのだけれど
描かれる人間たちが、どうも薄っぺらというのが
デヴュー作の『週末の恋人』以来一貫している。
『ふたりの人魚』ので周迅が演じた牡丹と美美だけ
が存在感があったのは、
あれも脚本や演出の力というよりは、周迅の演技力
のなせる技という気がする。

今回も、舞台となる武漢の雰囲気はよかった。
この人は舞台となる土地を有機的に描く才能が
あると思う。
初期の4本ではずっと故郷の上海を舞台に描いて
いたのに、最近は上海を描かなくなったのは、
変貌した上海はもうロウ・イエの記憶にある上海で
はないからだろうか。

そして、主役の妻を演じた郝蕾。
台湾映画『4枚の絵』でもお母さん役を演じていた
けれど、『17岁不哭』の一本気な高校生役を見て
いる私には、母役が板についてきたのは感慨深い。

この作品はやはり検閲で修正させられた部分に
納得がいかず、ロウ・イエフィルムと記載するこ
とを拒否しての国内での公開だという。
それでも、ロウ・イエの作品の中では最も商業性
を意識した作品であるのは間違いない。
興収はそこそこだったと聞く。
ロウ・イエもこれからは商業路線に向かうのだろうか。
今年のカンヌに出品されたジャ・ジャンクーの
『天注定』もなんとなく商業路線の予感がする。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。金城さんの話題のときによくお邪魔しているtitichanです。覚えていらっしゃいますか?(笑)
去年あたりから秦昊さんのファンになり、中国語は超初心者なのに、秦昊さんと交流したくて微博に中国語で必死に書き込みするようになりました。
『浮城谜事』今年日本で公開される予定なので、日本の劇場で鑑賞するのがとても楽しみです。
titichan
2013/05/20 08:24
公開されるんですか?
それじゃ、思いきりネタばれしてますね。
ネタばれ予告しておきます。

秦昊はちょっと前の『重慶ブルース』では
若者って感じだったので、驚きました。
10歳ぐらい老けた感じで。
唐大年の『青春期』の田原の相手役も
秦昊ですよね?
高校生役ですよ、確か。
年齢不詳ですね。
ちょっと見た感じが張震に似ています。
私は刑事役が好きです。『潜伏』に出
ていた役者さん。

マダム・チャン
2013/05/20 10:13
『青春期』は観たことがないので、ネット検索してみました。どうやら秦昊さんではなく、『浮城谜事』で主役の男性の二番目の妻(愛人ですね)役を演じていた、齐溪さんの(本当の)旦那さんである、宋宁さんと思われます。

秦昊さんも確かに年齢不詳です。『東京にきたばかり』では、大分若い&可愛い感じの留学生役を演じていて、『浮城谜事』での秦昊さんとはまるで別人です。

秦昊さん微博でもしょっちゅう「張震に似てる」って言われてますね(笑)
titichan
2013/05/21 01:00
あ、そうでしたか。
なんだか雰囲気が似てたので。
ほんと、年齢不詳なので高校生役
もやったのかと。

齐溪もなかなかいいですよね。
『花』のヒロイン候補だったそう
ですが、ヒロイン役より齐溪のが
魅力があります。
マダム・チャン
2013/05/21 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
浮城謎事 マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる