映画『ターミナル』を地で行く話

上海在住の民主運動家の馮正虎さんが中国から再入国拒否
されて出国先の日本へ強制送還され、成田の入管前で泊まり
こみを始めてから間もなく1ヶ月になる。
朝日の夕刊でも1度だけ報道があったそうだが、私はうかつに
も見落としていた。北京に行ってた時かもしれない。

王さんは天安門事件以来の民主活動家で、日本に留学経験も
あり、今年の天安門20周年直前に中国国内で一時留置されて
いたのが釈放、6月4日前後はどこかに出国していろと言われ、
英語は出来ないが日本語は出来るので日本に来ていた。
ところが、6月4日が過ぎて再び中国に帰ろうとすると上海の
入管で再入国拒否に遭う。
その後、8回も入国を試みたが拒否され、最後の8回目では
上海の空港近くのホテルに滞在を許されたものの、
入管職員と何と全日空の職員に強制的に連行され、
全日空で成田に送還されたという。

以来、成田の第一ターミナル南ウィングの入国審査の外国人
入国カードを記入する机近くのベンチで寝泊りして過ごすこと
はや25日間。
その間、中国や台湾の心ある同胞や(森美術館でのイベント
に参加する艾未未も来日の際に慰問したらしい)、
外国エアラインのクルーたちからの差し入れを受けたり、
一部日本人の空港職員の励ましを受けたりして暮らしている
そうだが、
国連からの亡命勧告に対しては、
自分は祖国に帰りたいのだと拒否して、
成田での過酷なターミナル野宿状態を続けている。

これは、まるで映画『ターミナル』でのトム・ハンクスを地で行く
話である。
この映画もそもそもは実話を基にしているらしいが、
映画のほうは祖国が亡びてしまって国籍のなくなったトム・ハンクス
がアメリカに入国できずに、仕方なく空港でサバイバルしていく話
だが、馮さんの場合はれっきとした母国があるのに、
その母国に入国を拒否されて成田で日本に入国することも拒否し
て抵抗姿勢を示し続けているわけだから、立場はかなり違う。

それにしても、全日空。何だか、瀋陽の日本領事館の二の舞の
ような振る舞い。そんなに中国に恩があるのだろうか。
手助けしないまでもお先棒担ぐこともあるまいにと思うが。
もっとも中国のエアラインは彼の搭乗すら断ったそうだから、
乗せただけマシなのか。
こうなると中国政府と馮さんの根競べがいつまで続くかということ
になってきているが、
来月私が広州から帰国する時、もし飛行機が第一ターミナル到着
便で、馮さんがまだ空港で粘っていたら、
中国の美味しい食べ物でも差し入れしたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

chobi
2009年12月03日 23:51

続く空港泊、1カ月に 中国に帰国拒否され成田へ 旅行客、食料手渡し
朝日新聞 2009.12.03 東京夕刊 16頁 2社会 写図有 (全808字) 
 中国の人権活動家、馮正虎(フォンチョンフー)さん(55)が、中国当局に帰国を拒否されたことに抗議して、成田空港の入国手続き前の制限エリアで寝泊まりしている問題で、海外から馮さんのもとへ食料などの支援物資が続々と届けられている。3日で空港内にとどまってから1カ月になったが、「中国に帰り、社会的弱者のために力を尽くしたい。追放されて日本へ入国することは絶対に拒む」と訴えている。(山根祐作、鹿野幹男)


 馮さんが空港で寝泊まりを始めて10日ほどたったころから、欧米や中国、香港などの旅行客から、缶詰やビスケット、果物などの食料品や着替え、寝袋、洗面用具などの支援物資が次々に寄せられるようになった。1週間分の食料を届けるためだけに日帰りで来日した香港の人権活動家の女子大学生もいたという。制限エリアは、部外者の出入りや物品の持ち込みは許されないが、渡航客が入国手続き前に物品を他人に手渡すことについては明確な規制がない。

 支援の輪が広がったのは、海外メディアの報道やネット上での人権活動家らの呼びかけによる。11月17日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は1面で馮さんを紹介。馮さんもミニブログ「ツイッター」で、空港での生活の様子を毎日報告している。

 馮さんは6月以来、8回帰国を試みたが、中国当局が拒否。海外の人権団体などが帰国の実現を訴えている。11月中旬には、国連難民高等弁務官事務所の担当者が訪れ、日本へ一時入国する「難民申請」の意思を確認したが、馮さんは「私には帰るべき祖国がある」として断った。

マダム・チャン
2009年12月04日 08:59
chobiさん
ありがとうございます。これは私も読みました。
ツイッターで馮さんが朝日の記者がまた取材に
来たとあったので。
友人の元産経記者の福島さんも記者生活最後の
先月の30日に取材に行き、その様子となぜ日本
のマスコミ報道が及び腰なのかについてブログ
に書いています。なるほど、です。
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/
Yozakura
2009年12月04日 15:30
Dear Madame Zhang,
 初めまして。以前より黙読していた者です。
 亦、ブログ活動とは別に、何年も前の話ですが、埼玉県浦和市(現在は、さいたま市浦和区)に在る埼玉会館(?)にて上映された映画で、中国人映画監督(確か女性でした)のインタビューに際し、Madameの通訳を聞いたこともあります。その節は、お疲れ様でした。

 この「中国に帰国を拒否された人権活動家の成田空港篭城事件」は、こちらのブログにて初めて識りました。事実の紹介、有難う御座います。新聞や知識人向けの雑誌も定期購読せず、ニュース採取は専らネットに依存する怠惰な読者にとって、この種の事件紹介は、有意義な報道です。
 また福島香織ブログが特集した篭城記事2回分も熟読。こちらの記事紹介も有難う御座います。
 事件の発生事由の本質は、中国に阿って「中国景気に肖ろう」とする意図よりも、福島氏が分析する通り「難民の受け入れは極力回避する」と云う方針に在るのでしょう。
 Madame Zhang の戯迷、明星迷振りには辟易しておりましたが、この種の記事紹介は歓迎です。亦、興味深い話題がありましたら御紹介下さい。お元気で。
マダム・チャン
2009年12月09日 17:08
Yozakuraさん
そうですか。さいたま映画祭初期の頃
ですね。私がまだ駆け出しだった時で
すね。
このブログは戯迷のブログなので(明
星はそれほどでもないと思いますが)、
それは勘弁していただかないと。この種
の記事なら福島さんのブログのほうが、
きっと楽しめるのではないでしょうか。
こりニュースも映画みたいと思ったのと
民主化運動絡みの映画に関わっているの
で、ひっかかっただけですので。

この記事へのトラックバック