マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『嘉年華』

<<   作成日時 : 2018/01/24 17:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

友だちが中国でダウンロードしてくれて鑑賞。
金馬奨でも話題になってた作品。
監督は文晏。
画像

ショートカットの方。この写真を見て、作品を観る気になった次第。

主人公は2人の少女。12歳と16歳。
12歳の少女は離婚家庭、同居する母親の無関心と学校の
画一的教師への反発からか、友だちと知り合った男について
いき、海辺のホテルに部屋をとってもらい、男が部屋に押し
入ってきて暴行されてしまう。

16歳の少女はそのホテルの雑役婦。遊びに行くフロントの子に
代わって深夜の宿直中に防犯ビデオで男が部屋に押し入るのを
見てしまい、思わず携帯で動画に撮る。

男はどこかの局長で(少し前に政府の役人の少女強姦の画像が
流出する事件が結構あったのを思い出す)事がは少女の親たちに
訴えられそうになると金と権力でもみ消しにかかる。
携帯で盗み撮りした少女は戸籍のない子で(農村出身だから戸籍に
入れてもらえなかったことが容易に推測できる)身分証がないために
永遠に雑役婦をしていくしかない。チンピラに一万元出せば身分証を
作ってやると言われ、少女買春した局長を脅すことを思いつく。
(ホテルので部屋をとるには身分証携帯番号が必要なため局長の名と
電話番号が分かる)

中国のあちこちで起こっていそうな悲惨な話ながら、観た後の感じが
悪くないのは2人の少女の好演と清潔感、
監督の非常に抑えた演出と少女2人に寄り添う姿勢に好感が持てる
からだと思う。
近年珍しい節度ある、頭を使った作品だと思う。
監督の写真を改めて見て納得。
タイトルもいい。
『嘉年華』
監督の少女たちへの応援歌だろう。
大陸の監督で若い時にNY大学に留学したことがあるそう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『嘉年華』 マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる