マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おらおらでひとりいぐも』

<<   作成日時 : 2018/01/19 10:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

『空海』の腹立たしさにずっと気分が悪かったが
一気に爽快な気分にしてくれた若竹千佐子さん。
63歳で芥川賞受賞の快挙です。
ただ高齢の女性というなら数年前にも80代で受賞
した黒田夏子さんがいたけれど
若竹さんがすごいのは55歳で夫を亡くしてから
息子さんが落ちこんでても仕方ないと探してきてくれた
早稲田エクステンションスクールの創作教室に通い始め
ほぼ処女作で受賞というからすごい。

私も初出誌に載ったのを買って去年読み始めたのだけど
出だしから延々岩手弁で書かれているのが読みにくくて
(はっきり言って日本の標準語以外は私には中国語普通話
より親しみがなく読みにくく理解しにくい。関西に行くと周りの
人が話す言葉が北京で聞く町の人の言葉より遠く感じる)
途中で放棄していたのです。芥川賞にノミネートされて読んだら
標準語で書かれるところが増えてきて、グイグイ引き込まれ
一気に読み終えました。

独り暮らしの70代の女性の見た目は孤独な生活なのに
心の中でいろいろな自分が対話するという独白はユーモア
もあり、なるほどねとうなづかされることもありで、これは
決して遠い将来ではないぞと思う自分もいるので
最近の芥川賞では一番しっくりくる作品でした。
それにしても、55歳で夫が死なないで
75あるいは85まで夫が生きたら専業主婦の若竹さんが
作家になることはなかったかもしれないと思うと
夫が死んだのは寂しいけれど、どこかでホッとしている
自分がいるという気持ちは大多数の女たちの共感を
呼ぶのではないだろうか。

私より年上の女性たちにとって結婚は親から脱け出し、
生活していくためには必要なものであったけれど
自分のやりたいことをしていくには足枷でもあるという
二律背反なものなのね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『おらおらでひとりいぐも』 マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる