マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本が出ました

<<   作成日時 : 2017/08/18 13:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今年の上半期に翻訳した本がほぼ同時に上梓されました。
小説と伝記です。

小説は『盗みは人のためならず』『わたしは潘金蓮じゃない』
に続く劉震雲の第三弾で、
中国最高の文学賞といってもいい茅盾文学賞を授賞した、
彼にとっても記念碑的な作品だと思います。
70年をはさんだ物語なので、前部と後部に分かれた580頁の
私としても一番長い翻訳書になりましたが、訳していてちっとも
つらくなかった。むしろ小説世界にどっぷり浸かって楽しんで
訳した作品です。
劉さんの新作は10月に中国で出るとか。それも楽しみです。

伝記は思いがけないところから頼まれて訳した
国家主席のお父さんの習仲の伝記です。
思いがけなかったのですが、縁はあり、習仲を私の好きな
俳優の張嘉訳がやったケ小平のドラマがあり、
俳優目当てでそれを観ていたんですね。
改革開放の陰の立役者だったということをそれで知りました。
失脚した原因となった(濡れ衣なんですが)小説『劉志丹』を
書いたのが、私の好きなコンテンポラリー音楽家兼小説家で
もある劉索拉のお母さんで、習仲の先導者ともいえる劉志
丹はなんと劉索拉の伯父にあたるわけです。
翻訳しながらいろいろと点と点が結びついていく面白い作業
でした。
そして、本の帯に載せてもらったんですが、若い時の習近平
って驚くほどハンサムなんですよ。それだけでも読む価値あ
ると思います(笑)。













































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本が出ました マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる