マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 侠盗一号(ローグ・ワン)

<<   作成日時 : 2016/12/17 13:53   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

観てきました。姜文が出てなければ絶対にパスする「ローグ・ワン」。
画像

ドニ―・イエンも出てます。新宿の東宝シネマズで観た友人によれば
ドニ―の小さなフィギアを売ってたけど、姜文のはなかったとのこと。
1月公開の香港では大きなのが予約販売しているそうで
いるかと聞かれていくらと聞いたら1万2000円ぐらいするので
やめました。
ユニクロで1500円でTシャツを売ってるので北京に行くので
姜文に「いる?」と聞いたら
息子二人に買って来て「」と言われました。安いお土産です。
でも、父親の顔がプリントされてるTシャツを息子がおそろいで
着るなんていいですね。(似てないけど)
画像


映画はSWファンじゃないし、30年以上前に最初のをテレビで
観ただけなんで何とも。特撮とロボットばかりなんて人物造形も
何もないし。
と思ったら、SWシリーズは全体に七人の侍を意識していて
今回のもそうなんだとか。マジですか?
姜文の意見を聞きたいものです。
まあ、でも2人は目立ってたのでよしとしよう。
というか、他の外人がきゃしゃなので
姜文が一番押し出しがいいし、
ドニ―ですら小柄という感じはしない。
2人でバディ組んでると私には関羽と曹操にしか
見えませんが。

主要キャストがみんなお国訛りのある英語しゃべってるのは
ディズニーの世界侵略作戦なんですかね。
日本人はいらないと。いなくても見るし、アメリカの属国も同然だものね。
姜文も寡黙なキャラで長台詞がないので唯一危惧していた英語もOKでしたね。
「三国志英雄伝」の時はドニーが広東語で台詞を言ってあとで北京語に
吹き替えようとしたら、絡みの芝居の時に広東語じゃ感じが出ないと言って
ドニー、仕方なく不得意な北京語で撮ったらしいですが。
さすがのドニーは英語の長台詞も難なくこなしてて
江戸の敵を長崎でとられたとはまさにこのことかも。
最後のエンディング・クレジットで姜文の名前がラストに出るのは
大満足でした。
ちなみにギャラは?とオフレコで聞いてみようっと。

最後にチラリとレイア姫が出てきて
思わず最近サリー・フィッシャーがハリソン・フォードと当時撮影中に
付き合ってたと暴露したことを思い出しました。
サリー・フィッシャー、劣化したとか書いてる人いたけど
当時19歳、いま59歳よ。
比べる方がどうかしてる、と同世代は思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
侠盗一号(ローグ・ワン) マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる