マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS マダム・フローレンス

<<   作成日時 : 2016/12/07 08:13   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒューは劣化したのかと気になり観てきました。
結果は劣化どころか、少し肉がついて
むしろ少し前の脚本家が大学で教えることになり
という王道の彼の役どころを演じた前作より新境地
開拓という感じでとても素敵に年を重ねている感じ。
メリル・ストリープと夫婦役というのも
実際に役が年下の夫なのだろうし、違和感なし。
大女優との共演でプレッシャーがあったと何かで読んだけど、
そんな殊勝な人じゃないだろうととても信じられないほどの
名演技でした。

映画は自分が音痴と知らない音楽愛好家の金持ち夫人が
という日本の宣伝の中心より
こういう夫婦の形もあるという、そちらのほうに
実は製作者のポイントがあったと思われたし
私も感慨深いものがありました。
(ここからネタバレ)
この夫婦は妻が前の夫に梅毒をうつされて
当時はそれは治らない病だったとかで
夫婦生活はまったくない夫婦なんですね。
だから夫は妻の豪邸ではなく
夜中になると愛人と暮らしている自分の家に
帰って行く。妻もそれを承知している。

では、仮面の夫婦なのかというと決してそうではない。
夫は妻の最大の理解者であり、献身的な協力者なのです。
もちろく、それは妻が父親や梅毒をうつした前夫の
莫大な遺産を持つ大富豪だからと言えばそれまで
なんだけど。
もっと言えば彼自身も二流の俳優で妻のオペレッタ?のような
社交界での出し物にナレーションとして出るしかないから、でもあります。
ちょっと林芙美子とその夫を彷彿とさせるものもありました。
夫婦ってなんなんだろう、
男と女の最良の関係とは?という問いを投げかける大人の映画でした。

それにしても、去年の『黄金のアデーレ』といい、
東京国際のオープニング作品、いいですね。
少し前の日本映画やアニメをオープニングで
やってた時は、なんだかなあと思ってましたが。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マダム・フローレンス マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる