マダム・チャンの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄金大劫案

<<   作成日時 : 2012/05/04 17:50   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

賀歳片、情人節と不作ばかりの中国映画を我慢して
見続けて数ヶ月、ようやくヒットにぶちあたった。
『クレイジー・ストーン』で、中国映画界を驚かせた寧浩の
最新作『黄金大劫案』だ。
『クレイジー・ストーン』の後に撮った『疯狂的赛车』がこけ、
次の『無人区』が検閲を通らなかったので、
過度な期待はしないで見始めたところ、これがなかなかの出来で
『クレイジー・ストーン』で見せた才気がようやく戻ってきたという感じだ。

舞台は満洲国の新京。このCGで見せる新京が見もの。
昔の北京や上海のCG再現映像はよく登場するが、
新京は初めてなので、かなり新鮮。
子どもの乞食からも物を盗み取るケチなチンピラの小東北が
ふとしたことから、救国会という反日組織のメンバーである
満映の監督や映画スター芳蝶たちの仲間に入ることに。
メンバーは抗日資金調達のため、関東軍が大和銀行に運送する
金塊の強奪作戦を立てるが、
小東北が関東軍将校の横路に買収されたために失敗、
逃走する際に小東北の父も銃弾に当たって死んでしまう。

身分がばれた救国会のメンバーは得意の変装で
関東軍のパーティーに潜入、
訪満した枢軸国のイタリア公使らを暗殺しようとするも、またもや失敗、
全員が撃ち殺されてしまう。
大和銀行頭取の娘の茜茜の機転で、からくもその場から逃げた
小東北は父親と仲間の復讐の鬼と化し、
銀行倉庫の金塊を溶かすため、塩酸水と硫酸水の入ったタンカー
で銀行に突入、横路との一騎打ちのすえに、相手を撃ち倒すが、
ひそかに憎からず思っていた茜茜は横路に殺されてしまう。

筋金入りの抗日闘士となった小東北が仲間との連絡のため
映画館に入ると、芳蝶が主演し、頭取の娘がエキストラ出演
する映画がかかっていた...。

活劇風のドタバタ喜劇の作りも何となく戦前の映画風で、
抗日をコメディ仕立てで描いたところが大変にユニーク。
(その昔、第五世代監督の張建亜にもそんな作品があったが
寧浩のほうが断然面白い)
さらに、映画と諜報活動とくれば、普通は上海を舞台にするところ、
あえて新京にして、満映に抗日分子が、というアイデアも初めて。
日本の銀行の金庫が堅牢というのも、ちゃんと史実に合っている。
(これ、有名だそうで、ハルピンの横浜正金銀行の金庫も、
戦後壊そうとしたが、壊せず、そのまま残してあるそうだ。
現在は黒龍江省美術館となった建物の地下にいまだに
ある)


小東北の父役を郭涛が怪演しているほか、
別の抗日分子役に黄渤、満洲国警察役に劉樺、満映の脚本家役
に兵小軍と『クレイジー・ストーン』のメンバーを使いつつも、
彼らは脇に回って、
若い雷佳音と茜茜を演じた程媛媛(李少紅の『紅楼夢』で林黛玉
を演じてたらしい)という新人を主役に起用したのも成功している。
熟女を演じるようになったと感慨深い芳蝶役の陶虹と、
全然「洋気」でない、いかにも東北人の牧師役の范偉も楽しいが
実は一番活躍しているのが横路役の日本人俳優の山崎敬一だ。

いやあ、この人が実に上手いのだ。
居並ぶ中国の癖のある俳優たちと丁々発止、全然ひけをとらない
演技がすごい。
「一体、この人、誰よ」と思ったら、数年前から役者を始めたばかりで、
もとは中国で日本語教師をしてたというから、さらに驚くじゃないの。
イントネーションはわざと日本人風にしているが、その中国語もかなり
のもの。
こんなに愛すべき中国映画の日本鬼子って、前代未聞なんじゃないか。
そういう意味でも出色の抗日映画(なのか?)であった。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
山崎 敬一氏は小学校 中学校と爆笑問題の太田光氏と同級生である。元々親しい友人関係で無かったため、太田光氏が憶えているかは解らない。
ぬくぬく君
2012/05/06 22:09
へえ、そうなんですか。
確かに年齢的にはそのあたりですね。
とにかく中国で日本兵役を主にやっている
男優さんたちの中では私か見た中では一番
上手いと思います。
マダム・チャン
2012/05/07 06:38
私もそう思います。ようやくビッグネームに眼を付けて貰った事は、これからを左右させる出来事だったに違いありません。
気合も入っていましたし(笑)。
黄金〜の評価が良かった事、それと山崎氏の演技が独特であった事から、中国メディアも注目する事でしょう。

ただ、そろそろ日本兵役は止めて欲しいものですね。
時間の問題だと信じたいです。

中国で俳優になったので、日本では全くの無名です。
逆輸入と言う形でも構わないので、あの演技を日本でも演じて欲しい物です。

ぬくぬく君
2012/05/07 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄金大劫案 マダム・チャンの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる